ビットコイン情報LIVE

今話題のビットコインやそのほかの仮想通貨の情報を日々配信しています。

暗号通貨

中国取引所完全閉鎖とインチキ情報の驚くべき関係とは?

投稿日:

暗号通貨市場がピンチ!?

中国国内での暗号通貨取引所の完全閉鎖が決まりました。
 
この動きによって、暗号通貨市場は一時期大きく下落しました。

ですが、その後、1週間もしないうちに相場は大きく反転しました。

一体どうなってんの!?

今回は、中国の取引所完全閉鎖について、私なりの考えをお話させていただきます。

スポンサーリンク

ビットコインが大きく下落

中国の暗号通貨取引所が、2017の9月の末で全て閉鎖するというニュースが日本の国内のニュースでも流れていました。

それに伴って、一時的に暗号通貨市場が、大きく下落する局面があったことは、皆さんご存知だと思います。

日本の国内でも、ビットコインの価格が30万円程度まで下落する局面がありました。

ですが、市場は1週間も経たないうちに、再び好転し安定的な水準に戻っていました。

スポンサーリンク

プロセスを考えてみよう

重要なことは、下落してから再び好転するまでのプロセスだと思うのです。

では、価格が下落してから反転して、価格が安定的な水準に戻るまでに、一体どんなことが起こっていたのか?

価格が再び上昇したヒミツを知りたくないですか?

こういったヒミツを知っていないと、価格が下がった時に、精神的にきついと思うのです。

なぜなら、誰しもが損をしたくないからです。

ポイント

まずは、日本の国内の取引所でのビットコインの取引が世界の中でも増えて来ています。

多分、株式やFXなどの取引からビットコインの価格が下落したタイミングで、新規の資金が流入して、暗号通貨市場へ新たに参入してくる方も増えています。

そして、香港の取引所が活発になって来ています。

これは、中国をはじめ、中華圏の人たちや香港の国内の人たちが、新規に口座を作って、そこに資金を移動している人も増えているようです。

暗号通貨市場と中国の影響

中国の取引所が完全閉鎖というニュースを受けてから、

暗号通貨市場ヤバイんじゃないの?

このように不安をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

では、どうして不安なのか?

その答えは、実に簡単です。

『中国が暗号通貨市場の90パーセントを占めている!?』

こんな情報が流れているためです。

ですが、これはっきりといって、インチキ情報です。

インチキ情報に騙されない!

中国国内では、こういったインチキな情報が未だに出回っているそうです。

こういった情報がネットに拡散することで、暗号通貨市場の下落を招いたと思われます。

ですが、この情報はインチキ情報です。

中国=10〜20パーセント

実は、中国が暗号通貨市場に影響を与える数字は、全体の1割から2割なのです。

これは、2017年の春の段階で、中国が暗号通貨市場に及ぼす影響というのは、全体の1割から2割となっていたのです。

2017年の春の段階で、それほど大きなインパクトは無くなっていたのです。

デマというより理解してない情報

中国国内では、未だに、

『中国が暗号通貨市場の90パーセントを占めている』

こういったデマというか、全く暗号通貨市場を理解していないような情報が広がっています。

こういった情報によって、中国国内では投げ売りが続いて、世界の市場に大きな影響を与えたわけです。

下落=買い時

ビットコインの価格が下落する時というのは、誰しもが、もっと価格が落ちるのではないか?

このような不安から、持っているビットコインを打ってしまう方が多いです。

こういった心理によって、中国国内では、投げ売りが続いたわけです。

下落=買い時

ですが、その一方で、下落する時をチャンスだと考えている『変な人』もいるのです。

『変な人』とはどんな人なのか?

それは、暗号通貨市場を理解している人たちです。

市場を理解している人たちは、ビットコインの下落と同時に、買いを入れます。

なぜ、買いを入れるのか?

今後、価格が上がってくることを見通しているためです。

こういった市場を理解している人が、買いを入れることで、ビットコインの価格が再び上昇に向かっていくわけです。

市場はチキンレース

暗号通貨の市場に限ったことではありません。

どんな市場でもそうですが、今の時代は、まさにチキンレースになっています。

情報にウトい VS 市場を理解してる人

今の時代は、情報にうとい人をはじめ、市場をきちんと理解していない人が、この暗号通貨市場にはたくさんいます。

つまり、『ど素人の新規参入者』です。

この『ど素人』の参入者というのは、それぞれ色々なきっかけがあるとは思いますが、ほとんどは、目先の欲で市場に参加された方たちです。

 

慌ててビットコインを買ってしまう。

⬇︎ (ビットコインの価格が下がった・・・)

慌てて、ビットコインを売る。

この繰り返しの中で、価格が大きく上下しているのが今の、暗号通貨市場の大きな特徴です。

つまり、市場を理解していない人が、非常に多いわけです。

長期的な視点が大切

やはり、中・長期的な視点はとても大切です。

一時的に価格が大きく下落した時にも、その下落に対して一喜一憂しないという心構えが非常に大切です。

こういった心構えがないと、思考が働かなくなってしまいます。

人間は、恐怖や怒りによってI.Qが下がるというデータがあります。

ですので、感情が動いている時に決断をすると失敗しやすいのです。

そして、さらに大切なポイントがあります。

『どこまで値段が上がるか分からない』

この部分です。

私自身もそうですが、値段がどこまで上がるかを予測することは不可能です。

もっと値段が上がるのではないか・・・

このような欲が出てしまうのが、人間の本能だと思います。

ですので、一定の利益確定は、常に行っておくことが大切だと思います。

現金以外のものに変える

暗号通貨市場で一定の利益を確定させた次に、大切なことはなんでしょうか?

それは、現金以外のモノに変えていくという思考も大切ではないでしょうか。

・不動産

・時計や宝石

『形を変えて分散していく』

この考え方も大切だと思います。

最後に

今回は、中国国内の取引所が完全に閉鎖することに関して、お話させていただきました。
 
中国の国内では、未だに『中国が暗号通貨取引市場の90%を占めている』という全くのインチキの情報が出回っています。
 
この情報はインチキです!

こんな情報に振り回されないことをオススメします。
 
実際にこのような情報を聞いて、ビットコインを売ってしまう情報弱者の方も多かったのです。非常に勿体無いことです。

そして、結局、市場を理解をしている人たちに全部買われてしまい、結果的に市場は再び、上昇したわけです。
 
中・長期的な視点というものが無いと、毎日の価格の値下がりによって、日々、一喜一憂してしまう場合も多いです。

これでは、市場に翻弄されてしまい、精神が持ちません。

こういったことに陥らないように、日々、暗号通貨市場を勉強していくことが必要です。

私の場合は、チャーリータカさんの『ブロックチェーンラボ』というサイトを参考にしています。

ご存知の方も多いかもしれませんが、興味のある方は、ぜひ、一度ご覧になってみてください。⬇︎⬇︎

「ブロックチェーンラボ」

今回の記事が少しでも役に立つ情報になれば幸いです。

長文、読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

-暗号通貨
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仮想通貨を分かりやすく解説!一瞬で本質をつかむ3つのポイント!

こんにちは! あなたは仮想通貨と聞いてどんなイメージを持たれていますか? また、仮想通貨がどんな通貨か知っていますか? 私は、友人に「仮想通貨ぐらい知っておかないと恥かくよ・・・」と言われて、かなりシ …

仮想通貨で注目を集めるNEO!知って得する今後の展開とは?

NEO(ネオ)という仮想通貨をご存知でしょうか? 今、仮想通貨の市場の中で、大きく注目集めているのです。 なぜ、それだけの注目を集めているのでしょうか? そこには、2017年の暗号通貨バブルのタイミン …

【大注目】ビットコインキャッシュが2018年の大本命!

ビットコインキャッシュに注目しましょう。 ビットコインが様々フォークする中、ビットコインキャッシュの価値が今後グングン高まってくる可能性があります。 これは、2018年はかなり面白い展開があるかもしれ …

ゲームをしながらお金もゲット!?新感覚ICO「ハッシュラッシュ」

ゲームは好きですか? イエス!! このように、答えた方に朗報です。 なんと、ゲームをやりながら、お金を稼げてしまう!? そんな最強のゲームが誕生しちゃっています。 名前は「ハッシュラッシュ」と言います …

アルトコインとは?遊びココロが大当たり!?仮想通貨の裏側を大暴露!

こんにちは。 『アルトコイン』という言葉をご存知でしょうか? 現在、仮想通貨の業界でダントツの1位はビットコインですよね。 業界の上位にあるイーサリアム(ETH)もマイクロソフトのAzureとの提携な …